公開履歴
緑のカプセルを持っている女性

更年期を迎えても生理のことで毎月のように悩まされることは決して珍しいことではありません。むしろ、年とともに生理不順がひどくなると言っても良いかもしれません。そもそも生理はある程度の年齢までは正常であれば定期的にあります。しかし、ある程度の年齢になると徐々に生理の周期が乱れてしまいます。1か月に2回もあるくらい短い周期になり、それがしばらく続くと今度は周期が長くなって閉経へと近付くことが一般的です。だから、若いころは正常な生理周期だったとしても、徐々に周期が予測しにくくなります。

もちろん、閉経が近付くと言うことは女性ホルモンの分泌量も減少していきますので、体調不良にも気を付けなくてはなりません。様々な薬が登場していますし、市販薬を頼っている人も多いのではないでしょうか。更年期の女性向けの薬もありますので、それで何とかしのいでいる人もいるはずです。多くの女性がすでに服用している薬の中にピルがあります。ピルと言っても種類はいろいろとあり、一般的に使われているのは低用量や超低用量ピルです。これらは女性ホルモンの1種であるエストロゲンが入っているので、女性がホルモンバランスを乱したことによって起こる体調不良を改善することができます。エストロゲンがどれだけ入っているのかによって低用量や超低用量と名前に付きます。あまりにもエストロゲンの割合が多くなってしまうとかえって副作用が大きくなってしまう恐れがあるので、今ではあまり劇的にホルモンバランスを変えないようにしているので、低用量や超低用量ピルを使うことが一般的となりました。

女性は閉経が近付くと女性ホルモンに大きく影響が出てしまうために、更年期障害によってつらい症状が出てしまいます。これを改善するためには女性ホルモンのバランスを改善することが重要です。一般的には40歳以上の女性にピルが処方されないようになっています。実は、血栓症になる危険性があるために、あまり高齢の女性には処方しない方が良いと言われているからです。このため、どこのクリニックでも更年期の生理不順に悩んでいる女性にピルを処方しているわけではありません。ただし、安全に服用できると判断した場合は低用量や超低用量ピルを40歳以上の女性に処方しているクリニックもあります。実際に処方されて、服用したことで体調が改善した女性も大勢います。超低用量ピルであれば、かなりエストロゲンの量が少ないのでより安全に服用することができるはずです。

ピルは服用する際に気を付けなくてはならないことがあるので、特に注意が必要です。女性ホルモンは健康的な女性であっても1か月の間にバランスが変わります。それに合わせてピルを服用しないといけないので、飲み忘れたりすると問題が起こる可能性があるので気を付けてください。医師の指示通りに服用すれば問題が起こらなくて済むはずですし、更年期の生理不順がきっと改善されるはずです。更年期の女性の体は個人差がありますが、まだまだ生理がありますし、体調を崩しやすいかもしれません。健康的な生活を心がけていたとしても、体調を崩すことがあるかもしれないのでそう言う時は我慢しないで婦人科へ行って相談してみてください。市販薬でしのごうと思っているかもしれませんが、低用量や超低用量ピルを使った方が根本的な改善の可能性があります。生理不順が一時的ではなく、続いているようであればなおさら早めに婦人科を受診した方が良いです。ピルに興味があるのならば、更年期であっても処方してもらえるクリニックを探して受診してください。事前にホームページを見たり、問い合わせたりすると良いかもしれません。